バイク買取アドバイスのメイン画像

バイク買取をするなら、友人や知人に託したいという人がいますが、後々まで面倒なことがつきまといます。割り切ってプロに一任し手放しましょう。

友人にバイク買取を行うのは考えもの

大切なバイクを、諸事情で泣く泣く手放そうとする人は、友人や知人など、できるだけ知っている人にバイク買取を行なって欲しいと思うものです。

価格や状態で査定金額が決まってしまうバイク買取の専門業者ではなく、「愛着のある自分のバイクを、目の届く範囲に置いておきたい」という最後の抵抗のようなものです。

その気持ちはよくわかりますが、私はそのような取引には賛同できかねます。

通常、売りに出された商品は専用のオークション会場に出品され、それを欲しい業者が他のバイクと比較検討して競り落とします。

走行距離や型式・年式、会社ごとの経費との差益にもよりますが、だいたいは相場価格の範囲内で売買され、適正に処理されていきます。

友人に託した場合のように「目の届く範囲」でのバイク買取ではなくなりますが、市場に出てしまえばこの時点で、オーナーやバイク買取店の責任は一切なくなります。

ところが、もし友人や知人に愛車を譲って、万一そのバイクで事故などを起こしてしまったら、精神的負担及び、場合によっては経済的負担を負うことになりかねません。

また、いつまで経っても名義変更などの手続きがなされず、友情関係にヒビが入ってしまうことも考えられます。

参照⇒港区公式ホームページ/友達にオートバイを譲ったのですが、名義変更してくれず、連絡が取れません。どうしたらよいですか。

バイク買取は、後腐れのないように一括査定や見積もりに出して、あとはプロに任せたほうが無難です。

ネットによるバイク買取の見積は24時間・年中無休のところが多いです。

必要事項を入力するだけでが複数の業者による一括見積を積極的に活用しましょう。

Copyright (C) バイク買取アドバイス(www.inzerce-zvirat.com) All Rights Reserved.