バイク買取アドバイスのメイン画像

バイク買取査定でトラブルになる可能性があるのは売却する人と所有者がことなる場合です。一般的には所有者が売却するのです。

バイク買取で委任状が必要な場合

月産の製造数も多くて技術力が高い単車メーカーといえば日本国内ではホンダ・ヤマハ・スズキ・カワサキがあります。

海外に目を向けるとドゥカティ・ハーレーダビットソン・BMWが有名です。

板クラッチのモデルで人気なのはBMWです。

トランスミッションの感じも好まれるライダーが多いです。

人気のオートバイメーカーはエンジン性能も優秀ですからバイク買取でも査定は有利になります。

ですが、バイク買取でも委任状が必要になることもあるので注意しましょう。

今回のテーマは【バイク買取で委任状が必要な場合】です。

バイク買取査定でトラブルになる可能性があるのは売却する人と所有者がことなる場合です。

一般的には所有者が売却するのです。

事情があって違っている場合は、通常必要になる書類にプラスして、委任状が必要になります。

所有者から売却者に対して単車の売却や名義変更手続きを一切委任することを証明する書類になります。

所有者の印鑑登録証明が完了している印鑑が必要になります。

これがないとオートバイの名義変更ができません。

バイク買取業者は買取ができないのです。

委任状はバイク買取業者に提出して名義変更の手続きをしてもらいます。

この引き渡しには注意をしましょう。

中には悪質業者/悪徳業者もいます。

たとえば、手続きは当方でしますから、そのあと代金を振り込みと言ってその後音沙汰がなくなるような事案も発生しています。

取引は現金で行うようにしましょう。

Copyright (C) バイク買取アドバイス(www.inzerce-zvirat.com) All Rights Reserved.